ホーム  > 国技館のご案内 > 相撲博物館 > 展示紹介

展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

現在の展示

「衣装に見る大相撲の世界」

展示期間平成29年(2017)1月4日(水)~2月17日(金)

 まげに着物をまとってさっそうと歩く力士の姿に、「粋」を感じる方も多いと思います。まげや着物、雪駄などで日常を過ごす力士は、現代社会の中で、江戸時代の雰囲気を伝える数少ない存在となっています。
 今回、力士の衣装や締込のほか、土俵周りに欠かせない行司や呼出し、まげを結う床山が使う道具などを展示します。それぞれの職域において、古くから使われてきた衣装や道具は、大相撲が単に競技としてあるのではなく、伝統や様式による美しさに彩られた世界であることを示しています。
 この展覧会から、大相撲の「粋」をご堪能いただければ幸いです。

谷風梶之助と付け人(春章画)
1 谷風梶之助と付け人(春章画)
 谷風梶之助(1750~1795)は、宮城県出身の4代横綱。仙台藩の抱え力士で、寛政期の相撲界をライバル・小野川喜三郎とともに盛り上げた。
谷風梶之助使用の帷子(かたびら)
2 谷風梶之助使用の帷子(かたびら)
 この帷子(麻や木綿などでできた夏用の単衣の衣類)からは、身長188cm・体重160kgの体格がうかがえる。子孫が仕立て直しているため、谷風着用当時よりも小さくなっている。
稲妻雷五郎使用の締込
3 稲妻雷五郎使用の締込
 稲妻雷五郎(1802~1877)は、茨城県出身の7代横綱。出雲藩の抱え力士で、文政から天保の相撲界で阿武松緑之助と競い合った。書や俳句、相撲への戒めを説くなど人格者としても知られる。江戸時代中期から明治時代までは、締込とさがりが分かれてなく、長さも短い。
大砲万右衛門使用の足袋
4 大砲万右衛門使用の足袋
 大砲万右衛門(1869~1918)は、宮城県出身の18代横綱。194cm、132kgの体を活かした突っ張り・右四つが得意で、引き分けが多かったことから「分け綱」といわれた。この足袋の足裏の長さは27.5cm。
19代式守伊之助
5 19代式守伊之助
 19代式守伊之助(1886~1966)は、茨城県出身。栃若時代に、「ヒゲの伊之助」の愛称で親しまれた名行司。今回の展覧会では、写真の装束、烏帽子、軍配を展示している。
秀男使用の白扇
6 秀男使用の白扇
 呼出し秀男(1949~)は静岡県出身。平成20年1月場所から停年退職した平成26年11月場所まで立呼出しを務めた。白扇は、呼出しが力士を呼び上げる際に使用する。
場所入りする輝
7 場所入りする輝 平成28年1月場所4日目
 関取は、11月場所から3月場所の間、着物に羽織(袴)姿で場所入りする。
場所入りする錦木
8 場所入りする錦木 平成28年5月場所初日
 幕内力士は、5月場所から9月場所の間、自分の四股名の入った染め抜きを着て場所入りする。染め抜きは、幕内力士のみ許される服装である。

展示解説のお知らせ

日時1月7日(土)の14時から
参加ご希望の方は相撲博物館展示室までお越しください。

過去の展示

×