ホーム  > 力士情報・成績 > 五月場所番付 > 令和元年五月場所 番付トピックス

令和元年五月場所

令和元年五月場所 番付トピックス

新大関 貴景勝

  • 新大関は平成30年7月場所の栃ノ心以来。
  • 千賀ノ浦部屋からの新大関は初めて。
  • 兵庫県からの新大関は、昭和55年3月場所の増位山以来。
  • 初土俵から28場所所要は6位のスピード昇進。(表1)
  • 22歳7ヶ月22日での新大関は9位の年少昇進。(表2)

再関脇 逸ノ城

  • 平成30年11月場所以来3場所ぶりの関脇。三役も3場所ぶり。

関脇 栃ノ心

  • 大関降下は、平成29年11月場所の照ノ富士以来、昭和44年7月場所以降では18人・21回目。(表3)

*同場所で新大関と大関降下は、平成12年9月場所(魁皇↑・武双山↓)以来。

再小結 碧山

  • 平成26年7月場所以来29場所ぶりの小結。三役は平成27年1月場所以来26場所ぶり。昭和以降7位タイのスロー三役復帰。(表4)

小結 御嶽海

  • 3場所連続の小結。昭和以降2位タイの14場所連続三役。(表5)

新入幕 志摩ノ海

  • 木瀬部屋からは、現師匠が創設してから平成29年3月場所の宇良以来7人目。
  • 三重県からは、平成24年1月場所の千代の国以来戦後8人目。
  • 近畿大学からは、平成29年9月場所の朝乃山以来10人目。

新入幕 炎鵬

  • 宮城野部屋からは、平成28年11月場所の石浦以来。
  • 石川県からは、平成28年1月場所の輝以来戦後11人目。
  • 金沢学院大学からは初めて。

再入幕 千代丸

  • 平成30年11月場所以来3場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 徳勝龍

  • 平成29年9月場所以来10場所ぶりの幕内復帰。

新十両 彩

  • 錣山部屋からは、現師匠が創設してから豊真将・青狼・平成27年3月場所の阿炎以来4人目。
  • 埼玉県からは、平成28年7月場所の大輝(現 北勝富士)以来戦後20人目。

再十両 美ノ海

  • 平成30年7月場所以来5場所ぶりの十両復帰。

再十両 青狼

  • 平成30年9月場所以来4場所ぶりの十両復帰。

表1

表2

表3

表4

表5