ホーム  > 力士情報・成績 > 十一月場所番付 > 令和元年十一月場所 番付トピックス

令和元年十一月場所

令和元年十一月場所 番付トピックス

大関豪栄道

  • 大関在位32場所は、史上10位タイ。(別表1)

大関高安

  • 平成30年7月場所以来3度目の大関カド番。

再大関貴景勝

  • 大関復帰は、7月場所の栃ノ心以来。(別表2)

関脇御嶽海

  • 3場所連続の関脇。三役は17場所連続。

関脇栃ノ心

  • 大関降下は、先場所の貴景勝以来。(別表3)

小結阿炎

  • 3場所連続の小結。

小結遠藤

  • 2場所連続の小結。

再小結北勝富士

  • 平成31年3月場所以来4場所ぶりの小結。

新小結朝乃山

  • 高砂部屋からは、平成18年7月場所の朝赤龍以来。
  • 富山県からは、若見山・昭和60年11月場所の琴ヶ梅以来戦後3人目。
  • 近畿大学からは、朝汐・平成27年7月場所の宝富士以来3人目。
  • 三段目付け出しデビュー力士の新三役は初めて。

*小結4人は、平成18年11月場所(稀勢の里・黒海・安美錦・露鵬)以来。

新入幕若隆景

  • 荒汐部屋からは、現師匠が創設してから平成22年9月場所の蒼国来以来2人目。
  • 福島県からは、平成25年3月場所の双大竜以来戦後7人目。
  • 東洋大学からは、平成27年11月場所の御嶽海以来5人目。

再入幕隆の勝

  • 平成30年11月場所以来6場所ぶりの幕内復帰。

再入幕千代丸

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕大翔丸

  • 平成31年1月場所以来5場所ぶりの幕内復帰。

新十両琴勝峰

  • 佐渡ヶ嶽部屋からは、7月場所の琴ノ若以来。
  • 千葉県からは、琴ノ若以来戦後29人目。

新十両豊昇龍

  • 立浪部屋からは、平成30年1月場所の天空海以来。
  • 平成31年3月場所の霧馬山以来、外国出身としては68人目。モンゴルからは35人目。

再十両若元春

  • 平成31年3月場所以来4場所ぶりの十両復帰。

再十両天空海

  • 平成30年9月場所以来7場所ぶりの十両復帰。

再十両明瀬山

  • 2場所ぶりの十両復帰。

別表1

別表2

別表3