ホーム  > 力士情報・成績 > 五月場所番付 > 平成三十年五月場所 番付トピックス

平成三十年五月場所

平成三十年五月場所 番付トピックス

関脇 栃ノ心

  • 2場所連続の関脇。三役も2場所連続。

再関脇 逸ノ城

  • 平成27年7月場所以来17場所ぶりの関脇。三役は2場所連続。

小結 御嶽海

  • 平成29年5月場所以来6場所ぶりの小結。三役は8場所連続。

新小結 遠藤

  • 追手風部屋からは、現師匠が平成10年10月1日に創設してから追風海・平成18年9月場所の黒海以来3人目。
  • 石川県からは、平成9年11月場所の出島・栃乃洋以来戦後5人目。
  • 学生相撲出身の新三役は、平成29年1月場所の正代以来45人目。日本大学からは平成26年9月場所の常幸龍以来17人目。

新入幕 旭大星

  • 友綱部屋からは、現師匠が平成29年6月11日に継承してから初めて。友綱部屋としては、平成24年9月場所の旭日松以来。
  • 北海道からは、平成4年1月場所の立洸以来戦後51人目。幕内力士は、平成10年5月場所の北勝鬨以来。

再入幕 佐田の海

  • 平成29年9月場所以来4場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 豪風

  • 2場所ぶりの幕内復帰。38歳10ヶ月での再入幕は、昭和以降2位の高齢昇進。(別表1

再入幕 安美錦

  • 2場所ぶりの幕内復帰。39歳6ヶ月での再入幕は、昭和以降1位の高齢昇進。(別表1

新十両 白鷹山

  • 高田川部屋からは、現師匠が平成21年8月5日に継承してから竜電・平成26年11月場所の輝以来3人目。
  • 山形県からは、平成20年3月場所の北勝国以来戦後18人目。

新十両 若隆景

  • 荒汐部屋からは、現師匠が平成14年6月1日に創設してから平成22年1月場所の蒼国来以来2人目。
  • 福島県からは、平成21年9月場所の双大竜以来戦後11人目。
  • 東洋大学からは、平成27年7月場所の御嶽海以来10人目。学生相撲出身としては、先場所の炎鵬以来126人目。
  • 三段目付け出しデビュー力士の新十両は、小柳(現 豊山)・平成29年3月場所の朝乃山以来3人目。

再十両 朝弁慶

  • 平成28年9月場所以来10場所ぶりの十両復帰。

別表1