ホーム  > 協会の取り組み > 社会貢献活動 > 東日本大震災に伴う力士会の活動

社会貢献活動

あいづ相撲場土俵開き

平成30年6月19日

場所 福島県会津若松市

十両以上の全関取で構成される力士会は、東日本大震災からの復興支援として、全関取の寄付を元に土俵の寄贈を行っております。福島県会津若松市の土俵が完成し、あいづ相撲場土俵開きが行われました。

あいづ相撲場土俵開き1

行司 木村銀治郎による土俵開きの儀

あいづ相撲場土俵開き2

相撲大会に参加する中学生と記念写真

あいづ相撲場土俵開き3

室井照平会津若松市長より感謝状が渡される。

あいづ相撲場土俵開き4

感謝状を手にする力士会会長横綱鶴竜。

公益財団法人日本相撲協会